CentOS7.1のプライベートIPアドレスを固定する方法

CentOS7.1(1503)でのプライベートIPアドレスの固定方法です。

1.現状のNICのインターフェース状況を確認

$ ip addr show

「enp0s3」というインターフェースを認識していることがわかります。

2.「enp0s3」のネットワーク・インターフェースのIPアドレスの取得方法の確認

$ vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3

下記のように表示されます。

TYPE="Ethernet"
BOOTPROTO="dhcp"
DEFROUTE="yes"
PEERDNS="yes"
PEERROUTES="yes"
IPV4_FAILURE_FATAL="no"
IPV6INIT="yes"
IPV6_AUTOCONF="yes"
IPV6_DEFROUTE="yes"
IPV6_PEERDNS="yes"
IPV6_PEERROUTES="yes"
IPV6_FAILURE_FATAL="no"
NAME="enp0s3"
UUID="cbbb1e08-8988-419c-b83c-65210b06598a"
DEVICE="enp0s3"

3.下記のプライベートIPアドレスの情報を追記

ONBOOT="yes"
IPADDR=192.168.0.11
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=192.168.0.1
DNS2=8.8.8.8

4.ネットワークサービスを再起動して設定を有効化

$ systemctl restart NetworkManager

※rootでの実行が求められるので、rootのパスワードを入力します

===
■2017年5月29日追記

CentOS 7.1(1503)では「nmcli」コマンドを使用して以下のように行う。

・NIC名:em1
・プライベートIPアドレス:192.168.0.10/24
・ゲートウェイ:192.168.0.1

nmcli connection modify em1 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.0.10/24 ipv4.gateway 192.168.0.1 ipv4.dns 8.8.8.8

「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-NIC名」のファイルを確認してみる。

[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-em1
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=em1
UUID=bbedc12d-6a52-4377-9806-178e59f1bb16
DEVICE=em1
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.0.10
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=8.8.8.8
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes

CentOS の一覧