CentOS7.1にOracle JDKをインストールする方法

CentOS7.1(1503)64bitにOracle JDKをインストールする。

1.JDKのダウンロード

Oracle JDKのダウンロードサイトからファイルをダウンロード。
あらかじめORACLEにて会員登録をしておく必要がある。

ブラウザ上で「Accept License Agreement」を押下。
 ↓
ダウンロードするファイルをクリック。
 ↓
ログイン画面でログイン。ログイン済みの場合はすぐにダウンロード開始する。
 ↓
ダウンロードを中止。ブラウザ(Chrome)のダウンロード一覧へ行き、中止したファイルを右クリック、「リンクアドレスをコピー」。これで認証パラメータを含んだURLが入手できる。
※このURLは数分間のみ有効であるため注意。

以下のコマンドを実行。
URL部分(http://download.oracle.com/otn/java/jdk/8u121-b13/e9e7ea248e2c4826b92b3f075a80e441/jdk-8u121-linux-x64.rpm?AuthParam=1495630211_09e5c58fbd53f824a40076e6948555fb)は「リンクアドレスをコピー」で入手したものをペースト。

[root@localhost ~]# wget http://download.oracle.com/otn/java/jdk/8u121-b13/e9e7ea248e2c4826b92b3f075a80e441/jdk-8u121-linux-x64.rpm?AuthParam=1495630211_09e5c58fbd53f824a40076e6948555fb -O jdk-8u121-linux-x64.rpm

wgetコマンドが使用できない場合

wgetコマンドを実行した際に以下のように表示されたら、wgetが実行できるようインストールする。

[root@localhost ~]# yum -y install wget

2.パッケージのインストール

[root@localhost ~]# rpm -ihv jdk-8u121-linux-x64.rpm

以下のようにインストールが完了。

準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:jdk1.8.0_121-2000:1.8.0_121-fcs  ################################# [100%]
Unpacking JAR files...
        tools.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        localedata.jar...

バージョンを確認。

[root@localhost ~]# java -version
java version "1.8.0_121"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

CentOS の一覧