CentOS7.1にSambaをインストールしてファイルサーバーにする方法

CentOS7.1(1503)にSamba4.4.4をインストールし、Windowsクライアントからアクセスできるようにするための設定。

1.SELinuxを無効化

ファイルを開き

[root@localhost ~]# vi /etc/selinux/config

下記のように「SELINUX=」の部分を修正

SELINUX=disabled
[root@localhost ~]# reboot

2.Samba4.4.4をインストール

[root@localhost ~]# yum -y install samba4 samba4-client

インストール後、バージョンを確認

[root@localhost ~]# smbd -V
Version 4.4.4

3.共有させるフォルダの作成

[root@localhost ~]# mkdir /home/share

共有フォルダのアクセス権は0777に設定

[root@localhost ~]# chmod 0777 /home/share

4.Samba設定ファイルに追記

ファイルを開く

[root@localhost ~]# vi /etc/samba/smb.conf

下記のように表示される

# See smb.conf.example for a more detailed config file or
# read the smb.conf manpage.
# Run 'testparm' to verify the config is correct after
# you modified it.

[global]
        workgroup = MYGROUP
        security = user

        passdb backend = tdbsam

        printing = cups
        printcap name = cups
        load printers = yes
        cups options = raw

[homes]
        comment = Home Directories
        valid users = %S, %D%w%S
        browseable = No
        read only = No
        inherit acls = Yes

[printers]
        comment = All Printers
        path = /var/tmp
        printable = Yes
        create mask = 0600
        browseable = No

[print$]
        comment = Printer Drivers
        path = /var/lib/samba/drivers
        write list = root
        create mask = 0664
        directory mask = 0775

workgroupを下記に変更

[global]
        workgroup = WORKGROUP

下記を追記

[Share]
        comment = Share directory
        path = /home/share
        writable = yes
        guest ok = yes
        guest only = yes
        create mode = 0777
        directory mode = 0777

5.Sambaユーザーの登録

既にLinuxで存在するユーザーを設定

[root@localhost ~]# pdbedit -a ユーザー名

上記コマンド実行後、パスワードを聞かれるので入力します。LinuxとSambaのユーザーは同一ですが、パスワードはそれぞれ違うものを設定することができます。

登録したSambaアカウントの情報は下記のコマンドで確認できます。

[root@localhost ~]# pdbedit -L -v

6.Linux側で通信が行えるよう、firewallの設定を変更

[root@localhost ~]# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=samba

firewallを再起動

[root@localhost ~]# firewall-cmd --reload

7.Sambaの再起動

[root@localhost ~]# systemctl restart smb nmb

8.Windows10からSambaへアクセスする

[エクスプローラー]を起動、「\\192.168.0.11\share」にアクセス
※LinuxのプライベートIPアドレスが「192.168.0.11」の場合。

→上記pdbeditで設定したユーザー名、パスワードを入力

→Linuxの「/home/share/」ディレクトリにアクセス可能に。

9.ネットワークドライブの割当

[エクスプローラー]左メニュー内から「PC」を選択

→メニューの[コンピューター]から[ネットワークドライブの割り当て]を選択

→[ドライブ]を選択し、[フォルダー]に「\\192.168.0.11\share」と入力、[完了]を押下

CentOS の一覧