LAMP環境構築その2 – Vagrantを使用してCentOS7を立ち上げる

前回、VirtualBoxとVagrantのダウンロード、インストールを行いました。

今回はVagrantを使用してCentOS7を立ち上げるところまでを行います。

コマンドプロンプトを起動

Vagrantはコマンドプロンプトから使っていくので、コマンドプロンプトを起動しておきます。

Vagrant用のフォルダ「MyVagrant」を作成、移動

mkdir MyVagrant
cd MyVagrant

CentOS用のディレクトリを作成、移動

mkdir mycentos
cd mycentos

CentOSのboxファイルを追加

コマンドプロンプトで下記のように設定することができます。

vagrant box add {title} {url}

で追加することが可能です。

{title}はboxの名前で、なんでもよいです。

{url}は
Vagrantbox.esから選びます。

今回、「centos」という名前でcentos7.0の64bitを使うということで設定していくので、下記をコマンドプロンプトで実行します。

vagrant box add centos https://github.com/tommy-muehle/puppet-vagrant-boxes/releases/download/1.1.0/centos-7.0-x86_64.box

boxファイルのダウンロードに時間がかかりますが(私は10分待ちました)、下記のように表示されればOKです。

==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'centos' (v0) for provider:
    box: Downloading: https://github.com/tommy-muehle/puppet-vagrant-boxes/releases/download/1.1.0/centos-7.0-x86_64.box
    box: Progress: 100% (Rate: 1204k/s, Estimated time remaining: --:--:--)
==> box: Successfully added box 'centos' (v0) for 'virtualbox'!

Vagrantの初期化

boxファイルをダウンロードしたら、mycentosにいることを確認してVagrantfileの初期化を行います。

コマンドは

vagrant init {title}

なので

vagrant init centos

と実行します。

下記のようにコマンドに表示されると、mycentosフォルダ内にVagrantfileができています。

A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

Vagrantfileの編集

Vagrantfileのバックアップを取って、必要部分を編集していきます。

ブラウザで表示させるためのIPアドレス設定している部分のパウンド記号(#)を消去します。

修正前

  # config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

 ↓
修正後

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

CentOS7の起動

では、CentOS7の起動を行います。Vagrantfileがあるディレクトリにいることを確認した上で、下記のコマンドを実行します。

vagrant up

下記のように表示されれば起動OKです。

Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'centos'...
==> default: Matching MAC address for NAT networking...
==> default: Setting the name of the VM: mycentos_default_1468742916197_27606
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
    default: Adapter 2: hostonly
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default:
    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically replace
    default: this with a newly generated keypair for better security.
    default:
    default: Inserting generated public key within guest...
    default: Removing insecure key from the guest if it's present...
    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH key...
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
    default: The guest additions on this VM do not match the installed version of
    default: VirtualBox! In most cases this is fine, but in rare cases it can
    default: prevent things such as shared folders from working properly. If you see
    default: shared folder errors, please make sure the guest additions within the
    default: virtual machine match the version of VirtualBox you have installed on
    default: your host and reload your VM.
    default:
    default: Guest Additions Version: 4.3.28
    default: VirtualBox Version: 5.0
==> default: Configuring and enabling network interfaces...
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => C:/Users/username/MyVagrant/mycentos

Vagrantのコマンド

主に使用するVagrantのコマンドをまとめました。

Vagrantの起動

vagrant up

Vagrantのシャットダウン

vagrant halt

Vagrantの状況確認

vagrant status

Vagrantfileの再読み込み、リロード

vagrant reload

仮想マシンの削除

vagrant destroy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


LAMP環境構築 の一覧