LAMP環境構築その3 – CentOSにターミナルでアクセス

前回、CentOSの起動までできたので、そこにターミナルでアクセスする方法を見ていきます。

ターミナルでのアクセスには、ここではPuttyというツールを使用します。

Puttyのダウンロード、インストール

PuTTY ごった煮版の最新版をダウンロードし、インストールします。

lamp_03_01

Putty セッションの基本設定

下記のように入力します。
ホスト名:127.0.0.1
ポート:2222

入力内容は、vagrant upした際に下記のあたりに記載があります。

[略]
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
[略]

その他のPuttyの設定

文字コードをUTF-8に設定します。

ウィンドウ→変換→文字コードの設定
プルダウンから「UTF-8」を選択

最後に「セッション一覧」に名前を入力、「保存」を押して内容を保存します。

lamp_03_02

接続

「開く」を押して接続しようとすると下記のような「セキュリティ警告」のウィンドウが表示されますが、「はい」を押して進みます。

下記の画面が表示されればOKです。

lamp_03_03

ログインする

上記の画面でユーザー名、パスワードともに「vagrant」でログインします。

下記のように表示されればログインOKです。

lamp_03_04

では、LAMPの「L」が完了しました。

次回からApache、MySQL、phpのインストールを行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


LAMP環境構築 の一覧