#11 終了ステータス

通常コマンド同様、シェルスクリプトも終了ステータスを返す。
シェルスクリプトの最後に実行したコマンドの終了ステータスが、シェルスクリプトの終了ステータスとなる。
exitコマンドで終了ステータスを指定することで、シェルスクリプトを終了させ、指定した終了ステータスを返す。

書式

終了ステータスを指定したい場合、exitコマンドを使用する。

exit 終了ステータス

終了ステータスを指定した例

Vimで「exit.sh」というファイル名を作成、以下を記述、実行権限を付与する。

#!/bin/bash

if [ -z "$1" ]; then
  exit 1
fi

ls "$1"

if の条件で、シェルスクリプトの引数が指定されていない場合にexitコマンドを使用し、終了ステータス「1」でシェルスクリプトを終了する。

シェルスクリプト の一覧