今さらSmartyの入門vol.1~ディレクトリ構成~

今回からSmarty 3の入門をやっていきます。

開発環境

Windows10
bitnami WAMP 5.6.29-1

ディレクトリ構成

bitnamiのインストール方法については省略。
インストールが完了すると「C:\Bitnami\wampstack-5.6.29-1」内にファイルが展開されている。

bitnamiを起動しておく。

Smarty用ディレクトリの作成

bitnami WAMPは「wampstack-5.6.29-1/frameworks」にSmartyがデフォルトで入っているので、それを使用する。

「apache2」ディレクトリ内、ルートディレクトリである「htdocs」と同じ階層に、Smarty設定ファイルを格納するディレクトリ「php_libs」を作成、その中にSmarty関連ファイルやクラスのファイルを格納していく。

ディレクトリ構成をまとめると以下。

wampstack-5.6.29-1
  ├frameworks
  │  └smarty
  │  └libs
  │    └Smarty.class.php
  └apache2/
    ├htdocs
    └php_libs/(以下、自分で作成)
      ├class/
      └smarty
        ├cache/
        ├configs/
        ├templates/
        └templates_c/

Smarty関連ファイルをルートディレクトリ「htdocs」内に置かないのは、Smartyテンプレートファイルなど内部で使用するデータをエンドユーザがアクセスできないようにするため。

上記フォルダ構成で、内部ファイルにHTTP経由ではアクセスできない状態となる。

php TIPS の一覧